So-net無料ブログ作成

F1 琢磨、ホンダじゃなくてもいいから、とにかく参戦を [MotorSports]

日本のファンの期待は、スーパー・アグリのシートを失った佐藤琢磨のホンダ・チーム・カムバックというところにあるのだが。 http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2008/05/post_d3cd.html

何もホンダじゃなくてもいいので、F1で走ってください。まずはそこから。
で、ホンダなり、上位チームなり狙っていってくれればいい。

さらにはスーパー・アグリのシートを失った佐藤琢磨(31歳)らの名前が挙げられているというものだ。 ただし、ルノー・チームにとってこうした報道はある意味不振ドライバーに対する常套手段ともいえ、その実現性については疑問とする声も多い。 http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2008/05/post_4b19.html

こういうところで名前だけでも出る存在ではある。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 1

あんぱんち〜

琢磨選手のF1残留は、現実的に厳しようですね。なぜなら、琢磨選手は、ホンダのレーシングスクールを卒業し、ずっとホンダの後押しを得て、ここまで戦って来たのですから、ホンダの関わるチーム、つまり、本家のホンダチーム、ないしは、ホンダエンジンの供給を受けるチームでないと、都合が悪いって訳だから。それに、一度、クビになった本家チームに復帰しては、日本人びいきと欧州でのバッシングは避けきれず、ホンダとしはメリットなしですから、チームCEOのニック・フライも賛同しないでしょう。ポジティブに考えれば、スーパーアグリ創設により、2年ちょっと長くF1に留まれた訳ですから、かなり恵まれたF1ドライバー生活だった・・・と思うようにし、また、新たな日本人ドライバーに期待です。
by あんぱんち〜 (2008-05-17 16:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

iPhone not iPod touc..t-square ひさびさ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます